人生をよりよく生きる ライフ&エンディングメディア

Ask Professionals

Back

Q.「遺産」とは、どのような財産を指しますか?

自分の両親が亡くなった場合に、どのような財産が「遺産」としてみなされるのかについて知りたいです。

  • 相続人
  • 相続
  • 遺言書

Answer.

遺産や相続財産とは、亡くなった方が残した「財産」と「負債」のことを指します。

不動産や金融資産といったプラスの財産は想像がつきやすいと思いますが、“マイナスの財産”も含まれるという点にご注意ください。

<プラスの財産の例>
1.不動産(土地・建物)
 宅地・居宅・農地・店舗・貸地などが該当します。
 不動産価値の算定に関する記事はコチラ

2.不動産上の権利
 借地権・地上権・定期借地権などが該当します。

3.金融資産
 現金・預貯金・有価証券・小切手・株式・国債・社債・債権・貸付金・売掛金・手形債権などが該当します。

4.動産
 車・家財・骨董品・宝石・貴金属などが該当します。

5.その他の権利
 ゴルフ会員権・著作権・特許権などが該当します。

<マイナスの財産の例>
1.借金
 借入金・買掛金・手形債務・振出小切手などが該当します。

2.公租公課
 未払の所得税・住民税・固定資産税などが該当します。

3.その他
 保証債務・未払費用・未払利息・未払の医療費・預かり敷金などが該当します。

反対に、遺産に該当しないものとしては、「受取人指定のある生命保険金」「墓地、霊廟、仏壇・仏具、神具など祭祀に関するもの」「生活保護受給権」「身元保証債務」などが挙げられます。

上記の例を参考にしながら、まずは遺産の概要を把握した後、遺産の価値算定や相続準備をされたい方は、専門家への相談をぜひご検討ください。

『&for us』事務局及び提携士業事務所では、
遺言書の作成や相続手続きのサポートを含む終活や相続関連のご相談を受け付けております。
ご希望の方は、こちらのフォームよりお申込みください。

この回答の監修

弁護士:紙尾 浩道

弁護士:紙尾 浩道

BACeLL 法律会計事務所

1988年生まれ、東京都出身。 東京弁護士会所属。一般個人・中小企業からの法律相談や代理人業務を取り扱っている傍ら、介護施設向けのセミナー登壇、地方銀行内での勉強会での信託法にまつわる講師を行うなど、「終活」に関与。「遺言は毎年更新する」文化を創出するために奔走中。

Share

関連記事